けいかく投資共和国

千里の道も一歩から。「人生是皆投資」らいふ。
資産が減ってるのではないかと思わせる小市民の投資ブログ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

サラリーマンが最初の投資をするために

平日(または休日も)は仕事、帰宅してからは家事・育児に追われるサラリーマンが投資を行う際のメモです。
(基本、きちんと時間をかけて研究をしないと、そうそう継続してリターンを得ることはできないと思います。でも、少しは投資をしてみたいという場合、気をつけておいた方が良いことについて。)

‥蟷颪詫祥技餠發糧楼脇發
   これは絶対です。
   「給料〇ヶ月分を取っておいて、あとは投資に」みたいなアドバイスもありますが、それに従う必要もありません。
   あくまで、自分がこれくらいはゼロになっても大丈夫ぐらいの金額にしておいた方が精神的に楽です。
   「投機」じゃなく「投資」とか、高尚な理論をもってきも、所詮、値段の上がり下がりに掛けるばくちゲームだぐらいに思っておいた方が良いです。
   一般的なサラリーマンは、「稼ぎ⇒貯蓄」のサイクルに時間をかけることが一番効率が良いです。

損をしないこと
   あたりまえですが、難しいです。
   株式などで「損切は少なく、利益は大きく」とか言われますが、簡単にできません。
   では、どちらを重視するかというと「損失を少なく」です。
   欲をかくと、利益も減り、損失も大きくなることがあります。
   損失が積みあがっても、ゲームへの参加代金と思いきるぐらいが必要みたいです。

E蟷饌仂櫃鬟轡鵐廛襪
   投資の本を読むと、色んな事をしたくなりますし、色んなものへの分散投資などを薦めてありますが、最初の投資はシンプルにしておいた方が良いです。
   多すぎると、何かあった時に面倒ですし、管理も煩雑です。
   時間がないのですから、少ない時間を管理と研究に投入できるようにしておいた方が良いです。
   まず、日本株式や外国株式のインデックスのETF・投資信託といったものぐらいから始めても十分です。
   もし、それで十分に勝てるようなら、それはそれで万々歳です。
   個別株式の業種分散、バリュー・グロースなどの区別、為替に商品、オプションなどと深みにはまると、時間がいくらあっても足りません。

 家庭と仕事があり、自分の時間がなかなか取れない(普通の)サラリーマンが投資を行うためには、 嵳祥技餠發糧楼脇癲廚如↓◆崑擦魯押璽爐了臆知繊廚罰笋蠕擇蝓↓「投資対象はシンプルに」、といった感じで行うと良いのではないかと思います。
 
JUGEMテーマ:資産運用
 
投資のルール・目標 | comments(0) | trackbacks(0)

参入と退出のタイミング

投資する以上、マーケットへの参入は必ず必要ですし、死ぬまで(死んでも)退出しないという人は除いて、ほとんどの人は退出する必要があります。
ですので、「安く買って高く売る」ために、色々な経済指標やテクニカル指標を基に、売買のタイミングをはかることになります。

で、それで勝てる人は問題ないんですが、自分みたいに思ったより勝てない(負けてしまう)と、「売買のタイミングはわからないのではないか」となり、ドルコスト平均法に基づき毎月の「積立投資」でやって行ってみようかということになったりします。

しかしながら参入についてはそれで行けたとしても、結局「退出」するタイミングは自分ではからなくてはなりません。
ずっと投資し続けて、資金が必要となった時に「退出する」というのも、確かに一つの方法です。
しかし、リーマンショックなどのショック時にそれがかち合ったりすると、そこまで達観できず、あきらめきれない気がします。

とすると、やはり最初に戻って、売買のタイミングをはかることが必要となります。
結局、自分で「買う時期」と「売る時期」、「投資しない時期」を研究し、「買う時期」と「売る時期」に、徐々に売買を行うというのが良いのかなと思います。

よって
 【わからないこと】
   将来、上がるか下がるか
   ピンポイントでの売買のタイミング
 【自分なりに研究すべきこと】
   「買う時期」「売る時期」「待機する時期」の判断
と整理して、売買の時期になったら、それこそドルコスト平均法みたいに、複数回に分けて売買を行うという方針を考えて行けたらなあと思っています。

社会人・家庭人になるとほとんど時間を割けませんが、何とかこれくらいはこれから先のショック時にも生き残っていくために、コツコツと研究をしてみたいものです。



JUGEMテーマ:資産運用
 
投資のルール・目標 | comments(0) | trackbacks(0)

ポートフォリオについてどう考えるか

ポートフォリオというと、色んな資産を組み合わせて、その相関関係などにより、全体的なリスクを軽減しリターンの向上を目指していくという感じで理解をしております。
んで、色々な本で、その割合やら何やらが紹介されているわけです。

が、この前のリーマンショックからその後の下降相場から経験したことで、色んな所でも言われていることですが、ダメな時はポートフォリオ自体が全体的に縮小します。

ポートフォリオは「水を中途半端に入れた袋」みたいなもので、基本「こっちを押す(下落する)とあっちが膨らむ(上昇する)」みたいな感じで確かに作用するのですが、危機的状況になると作用しません。つまり、袋が破けて水が抜けると、どこを押しても全体的にへこんでしまって、ぺしゃんこになるのと同じです。

今、少し相場が良くなってきており、そのうちまた加熱するかもしれません。
(すでにしているかもしれませんが)
そうすると、色んな人や本、話題、商品が出てきて、資金をフルに投入してポートフォリオを組みたくなるかもしれません。
ですが、自分のスキルに自信がなければ、いつか「袋が破ける」ことを想定しておくことが必要だと思います。

フルに投資したくなったら、債権を持ちきりで買うか、定期預金にでも入れておいて使えないようにするのも手かもしれませんね。




JUGEMテーマ:資産運用
 
投資のルール・目標 | comments(0) | trackbacks(0)

2010年度の金融投資の目標

JUGEMテーマ:資産運用

2009年は終わってみれば、2008年からの回復の年となりました。
金融資産へ2009年の投資目標は低めの設定ということもありましたが、達成することが出来ました。
基本前年度より回復の状況にあり、個別株式やFX等に関しては2008年のポジションは全てプラスに転じています。しかし、まだ総額でプラスに転じているわけではありませんので、依然として黄色信号です。

今までの経験から、自分の金融資産への投資の基本方針(2010年版)は次の通りとします。

仝什澆亮分の状況管理をメインとし投資を行う
給与収入と貯蓄が資産設計のメインエンジンである事を確認する
2甬遒虜念は更新される事があるので楽観的に過度の資金を投下しない

やはり昨年に続き「 廚了餠盍浜が自分のメインです。
正直、自分も予測を当てて稼ぎたいとは思いますが、そんなに当たりません・・・・。
当たっても、そのように行動できなかったりが多いです。
そういうわけで、自分の精神的安定をメインとして、苦にならない範囲で資金を投下していくという保守的なアプローチが自分にはあっているみたいです。
まあ、儲かりませんけどね・・・。

以上に基づき2010年の金融投資の目標です。

◎総金融資産成長・・・+2%
 ■給与天引き貯蓄の継続
 ■アセットアロケーション誘導目標(金融資産に対する時価割合)
   キャッシュ比率(MRF含む)・・・・40%以上
   日本株式・・・・15%前後
   外国株式・・・・20%前後
   日本債券・外国債券(FX含む)・・・各10%前後
   その他(REIT、コモディティ等)・・・5%以内
 ■積立投資の継続
   日本株式:外国株式・・・・1:3の割合
   その他(REIT、コモディティ)・・・・株式に対して50%程度
 ■精神的安定の重視
 ■投資目的・期間・手法等の明確化
   長期・中期・短期の区別
   投資的なものか、お楽しみ的なものか
    →どちらも含めて、基本はアロケーションの割合を大きく越えないようにする


ほとんど2009年版と変わりません。
成長目標は昨年を下回る低い目標値ですが、今年は出費がかさむ事が予想されるので、ほぼ現状維持できれば満足です。
ゼロというもの悲しいですので、国の成長目標に合わせてみましたが、やはり何か悲しい数値です・・・。

給与天引き貯蓄はメインエンジンです。
昨年、掛け捨ての保険を見直して貯蓄分を増やしています。

誘導目標は最終的に目指す形です。
一般的な本などからすると、ちょっとキャッシュの比率が高い感じがしますが、自分の経験上40%から50%が現金同等物があったほうが、何かあったとき、また相場が急落した時の緩衝材としても、安心の材料となりますので、このぐらいの現金割合を基準としています。
日本株式より外国株式の方が若干大目の割合を目指します。
債券関係の投資はまだ本格化させていません。

積立は昨年途中より、外国株式への投資の割合を増やしています。
なお、外国株式のうち20%(全体比4%)程度は新興国向けとなっています。
昨年の投資により、日本と外国の投資割合が同等に近くなっていますので、この割合で積立を続け、目標割合を目指します。
REIT、コモディティも目標割合に近づいていますので、このまま積立続行です。

あとは基準を守った上で「お楽しみ」を加えて、やっていきます。
正直、少しはそんな要素がないと面白くありません・・・。
FXや株のスイングとかも、もっと研究したいですね。
昨年からの課題の全般的なサイクル的な考え方のチェックのために月1度、一般的なデータをエクセルにちょこっと打ち込んで確認したり考えてみたりするようにしています。
これが役に立つかどうかわかりませんが、この作業も当面続けて行きたいと思います。

以上を守れば、たぶん二番底がきても破滅は無いと思われます。
正直、サラリーマンなので無理する必要は無いですし、あくまでできる範囲で今年も投資を続けて行きたいと思います!!。

投資のルール・目標 | comments(0) | trackbacks(0)

2009年度の投資目標

JUGEMテーマ:資産運用
暴風雨に見舞われた2008年は目標は達成できませんでしたが、何とか生き残りました。
正直マイナスの成績で、ほとんど勝ちもありませんでしたが、自分の資産をほとんど「ふっとばす」などといったことは無く、とりあえず生き残っているという感じですが。
昔、チャイナショックで手痛くやられた時に、すぐ反省した事が生きている感じもします。
というわけで、今年学んだことや来年の目標を記録したいと思います。

そんな2008年に学んだこと。
 ー分ができることは、「将来の予測ではなく、現在の自分の状況管理」
 過去の最悪は更新される
心理的な事がありますので、なかなか自分の状況というものも冷静に見れないことも多いです。
しかし、今年は下落のときにも、自分なりに自分の投資状況をCKして、資金状態などからポジションを見つめなおすことが出来たことは、ちょっと進歩したかなと思っています。
年4回という少ない回数ですが、自分の状況をブログに記録するという行為自体がよかったように思います。
また、当初想定していた下落率を外国株式において更新しました。
その他のセグメントでも、想定下落率と同レベルの水準まで下落しています。
投資するときは、宝くじと同じで、バラ色の将来を描いてしまいますが、想定した下落よりさらに下落する可能性があることを考慮にいれる必要がありますね。

そういうことから2009年度の投資目標です。
◎総金融資産成長・・・+5%
 ■給与天引き貯蓄の継続
 ■アセットアロケーション誘導目標(金融資産に対する時価割合)
   キャッシュ比率(MRF含む)・・・・40%以上
   日本株式・・・・10%〜15%前後
   外国株式・・・・10%〜15%前後
   その他(REIT、コモディティ等)・・・1〜3%以内
   日本債券・外国債券(FX含む)・・・現行水準を維持
 ■積立投資の継続
   日本株式:外国株式・・・・1:2の割合
   その他(REIT、コモディティ)・・・・株式に対して30%程度
 ■精神的安定の重視
 ■投資目的・期間等の明確化
   長期・中期・短期の区別
   投資的なものか、お楽しみ的なものか
    →どちらも含めて、基本はアロケーションの割合を大きく越えないようにする
まだまだ、資産が少ないので基本は貯蓄をメインとしてやって行きたいと思います。
金融資産の成長目標は、この貯蓄をきちんと行い、下落が今年ほどなければ行けるかなというレベルに設定しています。
精神的に不安にならないことを一番としていますので、今年の経験からも、ある程度キャッシュの比率を高めておいた方が、自分的にはあっているみたいです。
積立投資は突発事項が無い限り、基本継続。
日本株式と外国株式の比率を、(40〜50%):(60〜50%)を目指しているため、徐々に、外国株式の比率を高めてきていますが、2009年もその方針は継続。
それと同時にREITやコモディティは、現行1%を切る割合ですので、少しあげてみたいと思います。

ボーナスなどで生み出される財源等より、時を見て個別株式やETFなどを使って、楽しんでみたいと思いますが、極端な比重にならないように注意しながらやりたいとおもいます。
基本小心者で、収入は仕事がメインですので、「精神的安定」は絶対重視です。
また、それぞれの投資において、期間や目的の区別をある程度したいと思います。
それから、2008年の経験より、参入のタイミングというのも結構重要だなと感じましたので、2009年は少しサイクル論みたいなものを勉強してみたいと思います。

以上を守っていけば、大勝はなくても、「破滅的」な事にはならないのではないかとは思っているのですが、どうでしょう?。
はてさて、1年後、これを上回るウレシイ事になっているのか、はたまた・・・。
それは、来年のお楽しみ!。
投資のルール・目標 | comments(0) | trackbacks(0)
みんなのブログポータル JUGEM