けいかく投資共和国

千里の道も一歩から。「人生是皆投資」らいふ。
資産が減ってるのではないかと思わせる小市民の投資ブログ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

H22年7月の相場動向と今後を思う

タイトルが「相場動向と今後を思う」となっていますが、あんまり記事内容と一致していないですね。
大した事書いてないですし。
今後タイトルを見直します・・・。
というわけで7月の動向です

 米国RIET    :205.93(↑)
 米国株式    :1101.6(↑)
 TOPIX      :849.5(↑)
 米国長期金利 :2.91(↓)
 USD/JPY   :86.45(↓)
 EUR/JPY   :112.76(↑)
  * ( )の中の矢印は前月比です。

今月からEUR/JPYを追加してみました。
大体の項目において、前月より回復しました。
しかし、最近の米国の経済指標が芳しくなかったため、二番底の恐れがロイターの記事などでちらほら見受けられるようになって来ました。
落ちるとすれば、この7月を頭としてまた秋にかけて下落といった感じでしょうか。
その場合、アメリカ株式(S&P500)はまた1,000頭ぐらいは早めに試しそうです。
日本株式は、つられて落ちると思いますが、回復自体が大きくなかったため、少し落ちたところでどうってこと無い感じです・・・。

一貫して下落しているのが米国長期金利ですね。
そうするとUSD/JPYは、円高のトレンドが継続ということでしょうかね。
さて、底がどこかというところですが、このまま行くと80円割れを試しそうな気がします。
ちょっと今は長期保有でも米ドルを買う気にはならないですね。

さて、ユーロですが、これも一時のふざけたぐらいのユーロ高からやっと110円ぐらいに戻っていきました。
これでもまだ長期では買う気にはならないですね。
100円台前半か、100円割れぐらいになったら考えてみたいです。

といった感じで、注意深く次の下落を待つタイミングに来てるような感じもします。



JUGEMテーマ:資産運用
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

H22年6月の相場動向と今後を思う

いや、4月、5月とチェックをUpする事ができませんでした。
というわけで、前回の3月から飛んで6月の状況です。

( )の中の矢印は前月比です。

米国RIET    :188.34(↓)
米国株式    :1030.71(↓)
TOPIX      :841.42(↓)
米国長期金利 :2.95(↓)
JPY/USD   :88.39(↓)

4月までは堅調でしたが5月から落ちてしまいましたね。
一部では言われていたことですが、欧州危機が表に出てきて回復基調に水を差しました。
3月のチェック時期に、良い所でちょっと処分して次の下落に備えるといったことを書いていたのですが、5月まで持つと思っていたので、タイミングを逃して出来ませんでした・・・。
まあ、回復だと思って積立以外の資金を追加投入していなかったのがせめてもの救いですが。

さて、これからどうでしょうか。
欧州危機の次は、各国の財政危機と大きなネガティブテーマには事欠きません。
最近のアメリカの指標もパッとしません。
最近出た日本の短観は、上昇基調でしたが、世界が不調であるならば遅かれ早かれネガティブに落ちるだろうと世間は思っているのではないかと思います。
ということは、やはり曇時々雨な感じで進んでいくのかなと感じています。
少しセクターのローティーションも今年の4月を頂点として、シナリオを考えてみたいと思います。
秋口までどのような感じ行くのか注目して行きたいと思います。


JUGEMテーマ:資産運用
 
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

H22年3月の相場動向と今後を思う

遅くなりましたが、平成22年3月の相場の月足状況です。

( )の中の矢印は前月比です。

米国RIET    :198.21(↑)
米国株式    :1169.43(↑)
TOPIX      :978.81(↑)
米国長期金利 :3.83(↑)
JPY/USD   :93.45(↑)

全ての項目置いて2月を上回りました。
順調な感じですね。
日本株式も久々に上昇基調ですが、2007年6月の1774と比すると▲44.9%で、S&P500の2007年10月の1549に比する▲24.5と比べると、やはり回復基調は低い感じがします。
これからすると、やはり日本株式の回復に賭けてみるのも面白いと思いますが、民主党のおかげでお国の状態はガタガタですのでどうでしょうか。

株式はとりあえず回復基調ですので、アップダウンはあっても5月まではこのまま緩やかに行きそうな気がします。
最近の流れを見ていると、問題は6月と9月かなと思います。
ですので、4月、5月で新たに短・中期的に投入した場合は、一度6月または9月頭には引き上げるのを考えた方がよいかもしれません。
自分も個別株式を整理しようかと考えていますので、4月、5月で少しポジションを閉じて行こうかとかとも考えています。

為替は4月は3月の逆になる事が多いみたいです。
AUD/JPYを最近の高値を抜いてきてから、勢いが減速しています。
最近では、民主党の議員が円安目標などの発言をして一時円安に触れましたが、ゴールドマンサックス提訴の話題で、一気に戻しています。

4月は為替は円高だが株は上昇、という予想がこのゴールドマンサックの話題でも維持できるか・・・。
うーん、わかりませんが、まあいずれにしても長期的なポジションを大きく増やすイメージはありません。
現金を確保して、次の下落したときに投入できるように準備したいと思います。


JUGEMテーマ:資産運用
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

H22年2月の相場動向と今後を思う

さて、平成22年2月の状況です。
( )の中の矢印は前月比です。

米国RIET    :180.31(↑)
米国株式    :1104.49(↑)
TOPIX      :894.1(↓)
米国長期金利 :3.6(↓)
JPY/USD   :88.84(↓)

米国RIETと米国株式は上昇しました。
日本株式とUSD/JPYは下落しました。
米国の長期金利はわずかに下落ですね。

2月のドル円の下落と、日本株式の下落は、そんなものかという感じです。
正直、もっと落ちると考えていたのでそんなに下落しなかったなぁという感じが強いですね。
もう少し落ちたら追加資金の投入を考えていたのですが、出動できず。

米国RIETが1月の落ち込みから、すぐに回復してきました。
これからすると、米国株式は米国は徐々に持ち直してきているみたいです。
今後も上げ下げはあるでしょうが、長期は回復傾向ということでしょうか。
とはいえ、ウォール街の姿勢を見ていると、あまり信用できませんね。
また、10年後ぐらいにガツンとくる感じが・・・。

最近話題に上がるのは、ユーロ圏の問題ですね。
ギリシャ危機をドイツが支援すると出たり、しないと出たり・・・。
どっちにしろ、火種があることには変わりないみたいです。
ギリシャぐらいで終わればまだ良いでしょうが、スペイン、ポルトガルと波及してくると、また一波といったところでしょうか。
そのEURの不安定に比べて、中国・オセアニアの好調が伝えられています。
う〜ん、ちょっと他の国に投資する金が流れ込んでいて、過熱気味なのかなという感じも。
とすると、EUR問題が燃えがあると一気に売り込まれる可能性もあるかもしれません。

といったわけで、ダウも10,000の上を維持してきていますし、2月もRIETが落ち込まなかったので、3月は基本投資続行という感じです。
ダウが勢い良く10,000割れたり、ドル円のレンジブレイクが起こらない限り、押し目買いといったところでしょうかね。
あんまり世界的においしい落ちは無い気がしますが、ダウに比べてまだ回復が遅い日本株式の方が逆張りという視点ではよい気がしますね。
ちなみにAUD/JPYはレンジの上限と下限を注意して、レンジ内だと短・中期口座で、下限をブレイクだと長期口座で考えています。


JUGEMテーマ:資産運用
 
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

H22年1月の相場動向と今後を思う

JUGEMテーマ:資産運用

さて、平成22年1月の状況です。
( )の中の矢印は前月比です。

米国VIX     :18.13(↓)
米国RIET    :172.41(↓)
米国株式    :1037.83(↓)
TOPIX      :912.48(↑)
米国長期金利 :3.61(↓)
JPY/USD   :93.05(↑)

米国RIETと米国株式が下落しました。
また、長期金利も下がりました。
日本株式は上がって、円安方向となりました。
しかし2月は、長期金利の下落により円高が予想され、それに伴い日本株式の下落も予想される、というところでしょうが、もう2月の頭は円高に触れて日本株式については下落を始めていますね。
まあ、今後の方向も米国と為替次第ということでしょう。

さて、今後気になるのが米国RIETの状況です。
1月は前月比べて下がりましたが、この2月に同レベル、または連続して下落すると今後危険な感じがします。
米国株式もちょっと下がっており不穏な感じがしています。
ドル円に関しては、あまり落ちている感じはしませんが、クロス円は今のところ落ちています。
ここで、ダウも10,000を突破、RIETも連続下落してくると、為替も含め2月は危険な感じがしますね。

で、そう考えるとどうでしょうか。
長期で考えると、買い場が来ている言えるかもしれません。
あくまでも、長期スタンスの投資で、資金に余裕がある場合のみですが。
2月の動向によってはまだ、大きく下落することも当然考えられますが、ロングスパンでは回復傾向と考えると、打診的に資金を投入していくというスタンスですかね。

投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

11月の状況

JUGEMテーマ:資産運用

日本株式は下げたと思ったら、急激に回復しました。
相変わらず、全くあたりませんね〜。
ドル円なども急激に円安に振れています。
とはいっても、これからもつかどうかという感じです。

11月の状況は
米国VIX     :24.51(↓)
米国RIET    :170.99(↑)
米国株式    :1095.63(↑)
TOPIX      :839.14(↓)
米国長期金利 :3.2(↓)
JPY/USD   :86.3(↓)
といった感じです。
米国は基本、回復傾向にありますが、日本株は連動せずといった感じです。

米国不動産市場や、クレジット問題はまだ暗雲漂っている感じの発言が多いですが、このまま米国が回復していくのであれば、日本株式も徐々に回復していくかもしれません。
長期では回復というシナリオを描きつつ、この前のドバイショックのような事も今後起こって行く事も想定して、その時は注意して資金管理を見た上で今回のようにアクセルをかけていこうかと思っています。
長期でみれば回復基調。
中期でみればところどころ下落アリまたはレンジ。
短期ではレンジ、上昇。
といった感じでしょうかね。

で、今月はやることはあんまりありません。
そこまで多くは投資資金の余裕もありませんので、今回みたいに落ち込んでこない限り毎月の積立投資だけかも。

投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

日本株式が取り残されている?

JUGEMテーマ:資産運用

先週に日本株式を買い増ししましたが、う〜ん、それ以降下がりっぱなしですね・・・。
最近のTOPIX連動ETFの出来高は低調で、大きく下がるときだけ出来高が増えているような感じですね。
AUD/JPYなどは、80円台で値が固まりつつあるみたいで、資源国通貨などはかなり落ちにくくなってきてそうなので、買われる資産というものが選別されてきている感じでしょうか。
VIXも回復してきていますので、基本リスクテイクの流れが来ている感じだと思われますが、日本株式だけ取り残されている感じがします。
そこをどう考えるかですね〜、取り残されているから買うか、今後も取り残されるとして比重を落とすか。
自分は超長期の投資ですので、出遅れているものを買う感じで行こうかとは思っています。
(中期なら戻りを売る?)
ちなみに新興国の回復は目覚しく、今後もこのままのびていくのかもしれませんが、何となく早すぎる感じもしますので、大きく比重をかけることは不安な気もします・・・。

投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

今年最後の買い調整期間?

JUGEMテーマ:資産運用
最近の経済指標とか政府関係者の発言を見ていると、「雇用統計・失業率」などは悪化、しかし「景気」は緩やかながら回復傾向という感じでしょうか。
雇用統計などは、景気に遅行するといったような意見もありそうなので、これから上下を繰り返しながら徐々に回復していくのかもしれません。
しかし失業率が悪化し、個人消費が伸びないのに景気が回復していくのは不思議な感じです。

ロイターなどを見ていると、ジムロジャースやジョージソロスなどのコメントもたまにUPされます。
それを見ているとソロスの意見は面白いですね。
ちょっと前にソロスは、景気は回復傾向にあるといっていましたが、その次には「二番底」の可能性が高まっていると言っていました。
・・・どっちなんだ?という感じですが・・・。
ちなみにジムロジャースは、「商品」の一本やりです。

で、どうなんでしょうか?
AUD/JPYのロングの積みあがりや、外国株式などからすると、みんな基本的にはリスクテイクになってきている気がします。
しかしながら、USD/JPY、EUR/JPY、日本株式などは下方向のような気もします。
11月はファンドの決算で、利益確定してくるというような話も聞きますので、ここは「下」方向に落ちるも、めちゃくちゃは落ちないといった感じの想定でしょうかね。
今年の投資計画からすると、余裕金がありますので、それを当てていく感じで、落ちたら「買う」方向で行こうかなと思っています。
まあ、自分の投資スタンスは「超長期」なので、タイミングを計るというより、資産分配を調整するという事がメインなので、予想が外れてもあんまり気になりませんが・・・。

ただ、今回乗り切っても次の「バブル」もありそうですので、それまでにローテーションのタイミングをすこし研究してみようかなと思っています。
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

市場は上か下か?

JUGEMテーマ:資産運用
米国RIET、米国株式、日本株式、10月の月足の数値が出ましたが、全て前月・9月の数値を下回りました。
さて、ここから上か下かというところですが、どうでしょうか?。
前年の動きからすると、ここから年末年始にかけて、もう一度落ちていく形になりますが・・・。
しかし、何となくみんな株でもFXでも押し目買いのイメージみたいな感じがしますから、調整しつつもそこまでは落ちないのかもしれません。
少し大きめに落ちながらも、全体的に見れば徐々に上にという感じでしょうか。
ガンガンと上がっていたAUD/JPYも、ココにきて乱高下が来ました。
全体的に調整するのならば、それにあわせて急上昇が大きかった資源国通貨や新興国株式は大きめに落ちるかもしれませんね。

資産配分的には、今年のボーナスポイントがまだ残されているので、調整してくるようでしたら年末にかけて多めに投入してみようかなと思っています。
基本は投資信託に少しずつ投下する形ですが、ガツンと落ちたら久しぶりTOPIXのETFや個別株への投資で行きたいと思います。
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

回復急ピッチ

JUGEMテーマ:資産運用
先週は、なかなか良い感じで外国株式市場が上げてきたみたいです。

クロス円は軒並み円安傾向に振れた感じでしょうか。
特にAUD/JPYは、利上げの一番槍効果からか、おかしくなるほど上げてきました。
AUDはみんなが買おうと思っているみたいですので、まあ無理に買わず落ちてきたところを、資金管理にしたがって買うという感じですかね。
たぶん、落ちたらみんな買うだろうから、大きくは落ちにくいかとは思いますが・・・。
まあ、落ちても80円を切るぐらいかな?

日本株式は、先々週、毎月積立とは別に、ボーナスポイントでインデックスの買い増し比重をかけました。

経済関係のニュースでは既に「底を打った」という発言が出ていますが、まだ疑心暗鬼な雰囲気があるような気がします。
ここで待つか、今のうち買って行くか、迷いどころです・・・。
完全には信じられないので、落ちたときに無理せず少し比重をかけるかな?、ぐらいの感じです。
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)
みんなのブログポータル JUGEM