けいかく投資共和国

千里の道も一歩から。「人生是皆投資」らいふ。
資産が減ってるのではないかと思わせる小市民の投資ブログ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< TOPIX連動ETF買い増ししました  | アセットアロケーションの状態(2010・第4四半期) >>

H22年7月の相場動向と今後を思う

タイトルが「相場動向と今後を思う」となっていますが、あんまり記事内容と一致していないですね。
大した事書いてないですし。
今後タイトルを見直します・・・。
というわけで7月の動向です

 米国RIET    :205.93(↑)
 米国株式    :1101.6(↑)
 TOPIX      :849.5(↑)
 米国長期金利 :2.91(↓)
 USD/JPY   :86.45(↓)
 EUR/JPY   :112.76(↑)
  * ( )の中の矢印は前月比です。

今月からEUR/JPYを追加してみました。
大体の項目において、前月より回復しました。
しかし、最近の米国の経済指標が芳しくなかったため、二番底の恐れがロイターの記事などでちらほら見受けられるようになって来ました。
落ちるとすれば、この7月を頭としてまた秋にかけて下落といった感じでしょうか。
その場合、アメリカ株式(S&P500)はまた1,000頭ぐらいは早めに試しそうです。
日本株式は、つられて落ちると思いますが、回復自体が大きくなかったため、少し落ちたところでどうってこと無い感じです・・・。

一貫して下落しているのが米国長期金利ですね。
そうするとUSD/JPYは、円高のトレンドが継続ということでしょうかね。
さて、底がどこかというところですが、このまま行くと80円割れを試しそうな気がします。
ちょっと今は長期保有でも米ドルを買う気にはならないですね。

さて、ユーロですが、これも一時のふざけたぐらいのユーロ高からやっと110円ぐらいに戻っていきました。
これでもまだ長期では買う気にはならないですね。
100円台前半か、100円割れぐらいになったら考えてみたいです。

といった感じで、注意深く次の下落を待つタイミングに来てるような感じもします。



JUGEMテーマ:資産運用
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url:
みんなのブログポータル JUGEM