けいかく投資共和国

千里の道も一歩から。「人生是皆投資」らいふ。
資産が減ってるのではないかと思わせる小市民の投資ブログ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

H22年7月の相場動向と今後を思う

タイトルが「相場動向と今後を思う」となっていますが、あんまり記事内容と一致していないですね。
大した事書いてないですし。
今後タイトルを見直します・・・。
というわけで7月の動向です

 米国RIET    :205.93(↑)
 米国株式    :1101.6(↑)
 TOPIX      :849.5(↑)
 米国長期金利 :2.91(↓)
 USD/JPY   :86.45(↓)
 EUR/JPY   :112.76(↑)
  * ( )の中の矢印は前月比です。

今月からEUR/JPYを追加してみました。
大体の項目において、前月より回復しました。
しかし、最近の米国の経済指標が芳しくなかったため、二番底の恐れがロイターの記事などでちらほら見受けられるようになって来ました。
落ちるとすれば、この7月を頭としてまた秋にかけて下落といった感じでしょうか。
その場合、アメリカ株式(S&P500)はまた1,000頭ぐらいは早めに試しそうです。
日本株式は、つられて落ちると思いますが、回復自体が大きくなかったため、少し落ちたところでどうってこと無い感じです・・・。

一貫して下落しているのが米国長期金利ですね。
そうするとUSD/JPYは、円高のトレンドが継続ということでしょうかね。
さて、底がどこかというところですが、このまま行くと80円割れを試しそうな気がします。
ちょっと今は長期保有でも米ドルを買う気にはならないですね。

さて、ユーロですが、これも一時のふざけたぐらいのユーロ高からやっと110円ぐらいに戻っていきました。
これでもまだ長期では買う気にはならないですね。
100円台前半か、100円割れぐらいになったら考えてみたいです。

といった感じで、注意深く次の下落を待つタイミングに来てるような感じもします。



JUGEMテーマ:資産運用
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

TOPIX連動ETF買い増ししました 

最近はほとんど毎月の積立以外はやっていない状態です。
本当はFXの中・短期取引の練習などもやりたいのですが、やはり時間と体力が必要でして、なんやかんやで出来ません。
というか、仕事による「肩こり」がひどくて、帰ってからのPCを極力減らしたいのです。

というわけで、自分が全然アクティブでは無いのに加えて、最近は日本株式のガシガシと下落しておりまして、手持ちの個別銘柄にも「これって上場廃止になるのでは?」と思わせるような落ちっぷりのものもあります。
まあ「マザース」銘柄とかに手を出した方が悪いわけですが・・・。

そんななか、久しぶりに先週「TOPIX連動ETF」を800円台中ごろで買い増ししました。
最近は大体「800円台」であれば、長期的に見て単価を下げる値をつけているであれば少し買っていても問題ない感じです。
さらに「800円台前半」や「800円割れ」に突っ込んできたら、買い増しも考えたいと思います。
しかし、完全に「落ちたら買う」の「逆張り」で、テクニカルも見ずにざっくりとした感じの判断が危険な予感もしますが、そんな方針でETFはやっています。
個別銘柄は売り場を失って残念な感じです。
まあ、資金的には余裕はありますし、狙っているものもあるので、上記のレベルにTOPIXが落ちたら買いたいなぁとは考えています。



JUGEMテーマ:資産運用
株式 | comments(0) | trackbacks(0)

「投資戦略の発想法」の著者捕まる・・・

自分のオススメの本として紹介しました「投資戦略の発想法」(木村剛 ナレッジフォア)の著者、木村剛氏が、日本振興銀行の銀行法違反事件で逮捕されました・・・。
いや、そういう人物の本をオススメとして紹介している自分が恥ずかしいですが・・・・。
とりあえず、恥をさらして記事はそのままにしておきます。
もし本の内容が正しかったとしても、本人の人物に問題がある場合は、やはり社会人としていかがなものかと思います。

JUGEMテーマ:読書
本ヲヨム(投資関係本含ム) | comments(0) | trackbacks(0)

H22年6月の相場動向と今後を思う

いや、4月、5月とチェックをUpする事ができませんでした。
というわけで、前回の3月から飛んで6月の状況です。

( )の中の矢印は前月比です。

米国RIET    :188.34(↓)
米国株式    :1030.71(↓)
TOPIX      :841.42(↓)
米国長期金利 :2.95(↓)
JPY/USD   :88.39(↓)

4月までは堅調でしたが5月から落ちてしまいましたね。
一部では言われていたことですが、欧州危機が表に出てきて回復基調に水を差しました。
3月のチェック時期に、良い所でちょっと処分して次の下落に備えるといったことを書いていたのですが、5月まで持つと思っていたので、タイミングを逃して出来ませんでした・・・。
まあ、回復だと思って積立以外の資金を追加投入していなかったのがせめてもの救いですが。

さて、これからどうでしょうか。
欧州危機の次は、各国の財政危機と大きなネガティブテーマには事欠きません。
最近のアメリカの指標もパッとしません。
最近出た日本の短観は、上昇基調でしたが、世界が不調であるならば遅かれ早かれネガティブに落ちるだろうと世間は思っているのではないかと思います。
ということは、やはり曇時々雨な感じで進んでいくのかなと感じています。
少しセクターのローティーションも今年の4月を頂点として、シナリオを考えてみたいと思います。
秋口までどのような感じ行くのか注目して行きたいと思います。


JUGEMテーマ:資産運用
 
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)

アセットアロケーションの状態(2010・第2四半期)

2010年の4月から6月期の資産の状況です。
う〜む、仕事が色々と忙しく、ほとんどチェックに時間を割けない状況が続いております・・・。
7月1日時点の投資金額に対する増減比率です。

日本株式・・・▲31.8%(個別株+投資信託) 
外国株式・・・▲20.7%(投資信託)
外国債券・・・▲12.8.3%(FX+投資信託)
その他・・・・▲9%(REIT+コモディティ)
資産総額(時価/投資額)・・・▲6%
年度当初資産比較(現在時価/当初投資額)・・・±0%

相場全体の数値が、2009年の秋から冬にかけての数値に逆戻りしたため、全セクターにおいて今年に入っての回復が全て吐き出されてしまいました。

日本株式は明らかに外国株式に比べて回復が遅い傾向にありますが、ここでも一番の落ち込みを見せています。
一部の個別株式がイマイチ回復の波に乗れず、落ちるときは真っ先に落ちて行きパフォーマンスを押し下げています。
ポートフォリオにおける日本株式の比率が下がっていますので、TOPIXのETFか、狙っている個別株式に資金投入を考えて行こうと思っています。

外国株式は欧州・米国・中国とそろってイマイチです。
新興国の伸びも鈍化していますが、他の地域ほどではありません。
ポートフォリオ上では大きく割合に変動がないため、大きな資金の投入等は考えていませんが、MSCIに連動するETFの根玉を作る可能性があります。

物価連動債は、あいかわらずグダグダです。
FXは円高となり利益を損なっていますが、全体で問題なしの状況です。
短期・中期の取引に少し重きをおきだしています。

その他は高値を更新した金ETFを処分しました。
リートとコモディティもパフォーマンスを損なっていますが株式程ではありません。
コモディティの良い投資信託が無いか捜しています。

全体としてはガタ落ちです。
欧州危機が落ち着くのかどうかですが、落ち着いたとしてもV時回復は難しい気がします。
また、欧州危機の次には各国の財政状態が問題ありますので、ネガティブの話題には事欠かない気がします。
ということは、相場は長期的には丁重な状況が続き、パフォーマンスもマイナス状態が続くという事が予想されますが、あせらずに規律を守って資金を投入し単価を下げ続け、将来の回復時のために種を蒔いて行こう思います。
そのためにも、やはり流動資金(現金)は十分に用意し、無理せず投資していくというスタイルが自分には合っているなと思っています。



JUGEMテーマ:資産運用
 
アセットアロケーション(投資状況) | comments(0) | trackbacks(0)

FXのお勉強(Rob Booker Forexの紹介です)

昔はすぐ「投資・投機で儲けたい!」ということで、今思えば高いお金を「情報商材」に突っ込んだこともあるわけですが、最近は情報商材の業界はどうなのでしょうか?。
よくわかりませんが、かつて程の賑わいは無い気もします。

たぶん、今は一般的な書籍やネット上での情報で、普通の投資・投機の情報はカバーできるようになっているのではないかと思います。
とは言っても、どの世界も玉石混交みたいですので信頼できそうなものを判断する力は必要になるのは世の常ですが・・・。

自分もブログ上のサイドスペースに「オススメ投資ドウグ」として、勉強させてもらっていたり情報を参考とさせていただいたりしているサイトを記載していますが、久しぶりにサイトを追加しました。
「Rob Booker Forex」です。
有名なアメリカのトレーダーの方の日本版サイトですが、優良会員に加えて無料会員でも利用ができます。
当然、観れる動画や掲示板・Q&Aの利用などは無料版では制限がかかっていますが、フリーブックや動画で参考にできるものは多く、自分も申し訳ないと思いながらも無料会員をフル活用です。
サイトの取引のスタンスは、FXはそもそも投機と認識し、スワップ運用でなくスウィングをメインとしたものとなります。
ただし「FXって何?」といった超基礎的な情報はありませんので、そこらへんは他のサイト等で仕入れる必要はあります。
このようなサイトの特徴とスタンスを理解したうえで利用するのならば、無料でこれだけ勉強できるのはうれしいですね。
単純な手法の紹介だけでなく、ポジションサイジングなどの説明も初期の動画に入っているのは、単なる商売系のサイトとは一線を画しているといえるのではないでしょうか。
ちなみにフォレックステスターの説明のフリーブックや動画もありますので、購入を考えられている方の参考にもなるかと思います。

また、サイトをみて内容が気になられた方はロブ・ブッカーの本「超カンタン アメリカ最強のFX理論」を読んで見られるのも良いと思います。
表紙は非常に胡散臭いですが、内容はかなりまともな方だと思います。
機会がありましたらこの本の紹介もしてみたいとおもいます。
正直日本人の書いた胡散臭いFX本や情報商材を読むぐらいなら断然こちらがオススメです。

というわけで、自分もこのロブ・ブッカーのサイトや本をFXの中・短期取引の参考にしていきたいと思っています。
(とは言っても、基本ダウ理論ぐらいでしかチャートを見ていませんが・・・)
ゴールデンウィークも近まってきましたし、お金をかけずに、まともな話を聞いてちょっとFXを勉強してみようかなという方にはお勧めだと思います。

JUGEMテーマ:FX初心者
JUGEMテーマ:資産運用
 
Foreign Exchange | comments(0) | trackbacks(0)

H22年3月の相場動向と今後を思う

遅くなりましたが、平成22年3月の相場の月足状況です。

( )の中の矢印は前月比です。

米国RIET    :198.21(↑)
米国株式    :1169.43(↑)
TOPIX      :978.81(↑)
米国長期金利 :3.83(↑)
JPY/USD   :93.45(↑)

全ての項目置いて2月を上回りました。
順調な感じですね。
日本株式も久々に上昇基調ですが、2007年6月の1774と比すると▲44.9%で、S&P500の2007年10月の1549に比する▲24.5と比べると、やはり回復基調は低い感じがします。
これからすると、やはり日本株式の回復に賭けてみるのも面白いと思いますが、民主党のおかげでお国の状態はガタガタですのでどうでしょうか。

株式はとりあえず回復基調ですので、アップダウンはあっても5月まではこのまま緩やかに行きそうな気がします。
最近の流れを見ていると、問題は6月と9月かなと思います。
ですので、4月、5月で新たに短・中期的に投入した場合は、一度6月または9月頭には引き上げるのを考えた方がよいかもしれません。
自分も個別株式を整理しようかと考えていますので、4月、5月で少しポジションを閉じて行こうかとかとも考えています。

為替は4月は3月の逆になる事が多いみたいです。
AUD/JPYを最近の高値を抜いてきてから、勢いが減速しています。
最近では、民主党の議員が円安目標などの発言をして一時円安に触れましたが、ゴールドマンサックス提訴の話題で、一気に戻しています。

4月は為替は円高だが株は上昇、という予想がこのゴールドマンサックの話題でも維持できるか・・・。
うーん、わかりませんが、まあいずれにしても長期的なポジションを大きく増やすイメージはありません。
現金を確保して、次の下落したときに投入できるように準備したいと思います。


JUGEMテーマ:資産運用
投資全般ノコト | comments(0) | trackbacks(0)
みんなのブログポータル JUGEM